旅するデザイナーとマフラー

旅する暮らしを目指しながら建築についてなど日々思うことを書いていきます。

MENU

「お世話になりました」といえるほど人付き合い濃い年をおくらなかったかもしれない

f:id:abingdonelinika:20191229155846j:plain

2020年あけましておめでとうございます

旅するデザイナーの彼方だ

 2020年になり、SNSに数多くの「昨年の振り返り&あけおめ」投稿が流れてくる

2019年は〇〇(飛躍etc..)の年でした

皆さん大変お世話になりました

2020年も感謝を忘れず精進していきたいです

2020年もどうぞよろしくお願いします!

(煌びやかな写真とともに)

 ↑みたいな投稿を見て、「この人は素敵な一年を過ごしたんだなぁ、2020年も影ながらひっそり応援してます!」と素直に思う

 

 

反面自分はこんな風に「色々お世話になりました」と言えるほど、人付き合い濃い年をおくらなかったなぁとも思って少し落ち込む

関わった人にお世話になったことは間違いないし、出会いや関わりに感謝している人もいるのは確か

けれどそれ以上に内省に時間を割きすぎてしまった感が否めない

昨年の私は(いつものことだが)迷走と失敗の連続だった

あれこれ手を出してみたり、けれど諦めて辞めたり

どうも行動と気持ちに統一感がなく、それはこのブログを見てもわかる通り元気なモノから鬱々としたモノまでコンセプトなどなくごちゃまぜ

 

そんな乱雑な行動と気持ちが自分の中だけで完結してしまい、他人を拒絶していたような気がする

感謝の言葉を送れるほど、私は相手に向き合っていただろうか、相手を拒んでいたのではないかという猜疑心にかられる

ふと振り返るとそんな一年だった

しかし私が拒絶しながらも向き合い続けてくれた人々がいたのなら感謝しかない

私にそれを感じとる受容器が今はないので大変迷惑をかけてしまったかもしれない

そういった意味ではお世話になったかもしれない

 

 

 さてそんな中でも一応2020年の抱負を少しばかり掲げておくと

 

「できなくて当たり前」をモットーに色々試してみる

完璧主義なところが内省・他者の拒絶を生み出す原因だった

2019年の迷走は辛かったけれど、色々見えた部分もある

他者は自分にそんなに興味ないし、初めてのことだらけだから「できなくて当たり前」くらいの軽い気持ちで迷走は続けつつ色々試してみようと思う

(そんなわけで?)さっきツイッターを始めてみたりした、いつまで続くかわからないけれどやってみよう

twitter.com

 

創作を続ける

 ブログやSNSに挙げていないだけで、実はスケッチはコツコツと続けているし、自主制作も少しだけどやっている。このペースをキープしたいし、いつかまたこのブログであげれれたらいいな

 

あと以前書いた↓の記事のやりたいことリストのうち5つくらいは実現したい

www.traveler-kavata.com

 

新年の晴れやかな雰囲気にまみれて、大層な明るい発言をしてしまいそうになるけれど、グッとこらえてけれども少し希望を残して、2020年は粛々とでも着実に生きていきたいと思う。